油水分離槽の清掃(悪臭除去/スカム・残渣清掃)

高圧ジェットの使用により、作業の効率化が可能です。メンテナンス会社も導入しております。

@投入前に残渣カゴのゴミを取ります。
line
Aグリストラップの各層へまんべんなくリボーンの原液もしくは希釈液を投入します。
・投入する際にニオイの原因となっているふちや壁もリボーンをかけながらブラッシングして下さい。

ワンポイント
原液の場合、通常のグリストラップであれば2L程度の投入で効果が表れます。
line
B投入後1、2時間程度でニオイの低減効果が得られます。
ワンポイント
流し込む量によっては、水質改善や残渣バキュームの低減も可能です。

投入前
4-1
4-2
4-3
投入後
4-4
Reborn super